Emontageヘッダー画像

BCAAとは?効果から効率的な飲み方までわかりやすく解説

BCAA

皆さんはBCAAという成分をご存知でしょうか?

プロテインやHMBと並んで筋肉を増やしてくれる成分として有名ですよね。

BCAAを知らない人からすれば

  • BCAAってどんな成分なの?
  • プロテインやHMBとどう違うの?
  • BCAAにはどんな効果があるの?

と気になることが多いと思います。

そこで今回はBCAAが一体どのようなものでどんな効果があって、摂取タイミングからBCAAとプロテインの違いを調べてみました。

BCAAとは?

BCAAとは

BCAAとは「Baranched Chain Amino Acids」の略で分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれています。

たくさんあるアミノ酸のうち、体に重要なアミノ酸はたった20種類しかありません。

その20種類の中でも9種類のアミノ酸は体内で作ることができないのです。

この作られないアミノ酸のことを「必須アミノ酸」と呼びます。

必須アミノ酸は全部で9種類あって、その中の「バリン、ロイシン、イソロイシン」がいわゆるBCAAと呼ばれているのもです。

この必須アミノ酸は運動や筋トレをする上で筋肉のエネルギー源として消費されるのです。

ですが体内で作られない必須アミノ酸は食べ物から得るしか方法がありません。

そこでBCAAが含まれるサプリがすばやくBCAAを体内に補充してくれます。

BCAAを摂取することで期待できる効果

BCAAの効果とは

BCAAの効果は

  • 筋肉が大きくなる効果
  • 筋肉の分解を防ぐ効果
  • 疲労回復の効果

この3つがBCAAを摂取することで期待できます。

BCAAの摂取するメリットは?

BCAAには運動した時などに起こる筋肉の分解を防いでくれたり、筋肉を作ったり回復の手助けしてくれる効果があります。

ヒトの体は運動すると筋肉が分解されて、その時にカラダはBCAAを大量に消費されると言われています。

なのでBCAAを摂取することで未然にBCAAを消費するのを防いでくれるのです。

また筋肉はトレーニングをして筋肉が分解中に栄養を吸収することで筋肉を回復させて成長していきます。

つまりBCAAを摂取するということは筋肉の分解を防いで無駄なく筋肉を増大させることができるのです。

BCAAは疲労回復に役立つ?

BCAAには疲労を回復させる効果もあります。

これはトレーニングをしてる時に筋肉の痛みいわゆる筋肉痛などが起こりますよね?

この現象は筋肉の分解が進んで、カラダに大きな負荷がかかっているので痛みが発生します。

ですが、そんな時こそBCAAが大活躍。

筋肉痛や筋肉疲労の時にBCAAを摂取すると痛みを回復してくれます。

BCAAとトレーニングの関係

トレーニング中は筋肉中のエネルギーがなくなると筋肉の分解されて、エネルギー源であるBCAAが少なくなりがち。

これはBCAAは筋肉エネルギーとして消費されるからです。

そうなるとせっかく筋トレをしてもBCAAが足りないせいで筋肉が分解されて筋肉が減ってしまいます。

筋肉が分解されないように、適切な摂取タイミングを知りましょう!

BCAAの飲むタイミングはいつがいいの?

BCAAの飲み方

BCAAの飲むタイミングは運動する前と運動中、運動した後にBCAAを飲むのが一番ベストだと言われています。

BCAAの効果を最大に発揮したい人はなるべく運動開始直後から30~45分前までに飲むようにしましょう。

せっかく筋トレしてるのに一向に筋肉がつかないってことは避けたいですよね?

だからトレーニング中は筋肉が分解されない状態を作ってあげると良いわけです。

そこで3つのタイミングに飲んで効率よく筋肉を成長させよう!

BCAAの摂取量

BCAAの一回の摂取量は5~10gが目安と言われています。

この5~10gを飲むタイミングに合わせて飲むのが好ましいです。

そして1日の合計が30gになるように摂取するのがベスト!

少なすぎると効果を発揮しない場合があるし、逆に多すぎると舌が痺れたり吐き気を催す可能性があるから注意が必要です。

BCAAの過剰摂取の影響は?

BCAAはほとんどが筋肉に吸収されるので、特に副作用はないとされています。

ですが過剰摂取してしまうと内蔵疲労や尿路結石のリスクも高くなるので注意が必要です。

BCAAの過剰摂取はせっかくの効果もカラダに悪影響を与えてしまうから気を付けましょう!

食事からもBCAAは摂取できるので、食事のバランスを取りながらBCAAを摂取することをオススメします。

BCAAとプロテインの違い

BCAAとプロテインの違い

BCAAをご存知ならもちろんプロテインも知ってる人は多いと思います。

BCAAやプロテインのどちらもトレーニング効果を高めてくれる成分です。

じゃあBCAAとプロテインの違いはなんでしょうか?

BCAAとプロテインはそれぞれカラダに対する働きが違います。

まずBCAAから説明すると

  • タンパク質を体内に送り込んでトレーニングのサポートと筋肉増強させること
  • トレーニング中に起こる筋肉の分解を防ぐこと

このようにBCAAの働きは主に2つあります。

次にプロテインの働きは

  • 手軽にタンパク質を取ることができて筋肉増強をサポートすること
  • カロリーが高いので筋肉量を増やしたり、体重の増量も期待できる

筋肉を増強してくれる効果は同じですがBCAAは筋肉の分解を防いでくれるのに対して、プロテインはカロリーが高いので筋肉量を増やしたい人向けです。

要するにプロテインで良質なタンパク質を摂取した後にBCAAに良質なタンパク質を体内に送り込んでもらえば、効率よく筋肉を鍛えれることができます。

BCAAってダイエットにも有効なの?

BCAAはダイエットに有効なのか

BCAAはダイエットをする人にとっても効果を発揮してくれます。

ダイエットしてる人の悩みと言えば、たるんだお腹や二の腕。

脂肪こそ最大の敵ですよね?

そんな敵である脂肪を燃焼させるには筋肉がとくかに必要不可欠です。

BCAAには筋肉を作って保ってくれる効果があります。

だから筋肉がつきだすとエネルギーの消費が次第に増えて効率よく脂肪を燃焼させることができるんです。

なので筋肉をつける=ダイエット成功の鍵がBCAAということになります。

まとめ

BCAAは筋肉を大きくしてくれるだけでなく、筋トレ中の疲労回復から筋肉の分解を防ぐ効果もあります。

うまくBCAAを活用することでトレーニングのパフォーマンスを向上させたり、体の体調をベストな状態にできるのです。

この記事であなたの筋トレライフがうまくいくことを願っております。

top