Emontageヘッダー画像

AGAかも?男性が知っておくべき原因や治療方法まで徹底解説

AGAは日本人男性の3人に一人が男性型脱毛症です。AGAという言葉は聞いたことあるけど、具体的にはよく知らないという人も多いと思うんです。そこでAGAとはどういう病気なのか、そして原因や治療方法についてわかりやすくご紹介します。

薄毛が気になる男性

AGA(エージーエー)とはハゲの中でも特に深刻だった?

AGAとは男性型脱毛症のことを言います。おもに成人した男性に多く見られる頭部が薄くなる症状です。男性の実に3人に1人がAGAとされるくらい男性にとってかなりの悩みとなっているようですね。

主に額の生え際や頭部のてっぺんの部分の毛が薄くなっていきます。生え際から後退した場合の特徴は典型的なM字ハゲとなって、頭頂部は毛が細くなりハゲてしまうのです。

基本的にどちらか一方がハゲていきますが、両方からハゲていく場合もあります。

AGAは主に男性に起こるものと捉えられますが女性でもAGAのような症状が見られることもあるようですね。

女性の場合は女性男性型脱毛症と呼ばれていて、男性のようにハゲていく症状とは異なります。

生え際がM字になることはなく、前頭部や頭頂部を中心に頭部全体が薄くなっていくことがあるようです。

しかし、薄くなることはありますが男性のように完全にハゲてしまうパターンはほとんどありません。

AGAは何が原因で起こってしまうのか

AGAになる原因は男性ホルモンや遺伝、生活習慣の影響が大きいと考えられています。

その中で最も影響を受けるのが男性ホルモンなんです。

この男性ホルモンが髪の毛を作ってくれる毛母細胞に「もうコレ以上髪の毛を作るな」と指示を送ってしまうことで髪の毛が抜けやすくなります。

なので正常だったヘアサイクルが乱れてしまうんです。

正常のヘアサイクルだと髪の毛1本あたり2~6年間成長し続けます。

ですがAGAの方は髪の毛の成長が短いため、長く成長することができません。

正常のヘアサイクルは

  • 成長期(2~6年):毛根にある細胞が活発化する。
  • 後退期(2~3週間):髪の毛が伸び切って、伸びなくなる。
  • 休止期(2~3ヶ月):完全に髪の毛が伸びなくなって抜け始める。

このヘアサイクルを繰り返して、立派に成長した髪の毛は抜け落ちてまた生えてきます。

髪の毛が抜け落ちるまでの寿命は2~6年です。

AGAになってしまった方のヘアサイクルは

  • 成長期(半年~1年):毛根にある細胞が活発化する期間が短い。
  • 休止期(2~3ヶ月):完全に髪の毛が伸びる前に抜け始める。

本来、2~6年の期間に太い毛に成長しますがヘアサイクルの乱れによって、半年から1年くらいまで短くなります。

ヘアサイクルの乱れはDHTと呼ばれる男性ホルモンの一種が高濃度で分泌されて、ヘアサイクルと短くする原因分質と考えられているようです。

AGAは髪の毛が成長する前に抜け落ちるため、幼く短い髪の毛だけが残ります。

なのでハゲているように見えてしまうんです。

さらに酷くなると毛根が無くなってしまい、うぶ毛すら生えなくなってしまいます。

簡単に言うと立派な髪の毛に成長できない→うぶ毛ばかり残ってしまう→頭皮が薄毛状態に→結果ハゲに...。

これらが主にAGAになる原因です。

AGAの治療方法には3つの選択肢がある

ではAGAを治すには、どのような治療方法があるのか見ていきましょう。

AGAは早い段階で発見して、治療に取り掛かることが最善なんです。

早ければ早いほど治りやすくなります。

基本的にAGAは病気なので病院で診察を受けて、頭皮の状態を確認。

診断結果からAGAはと判断された場合の治療方法は

  • 内科による治療:投薬による治療
  • 外科による治療.1:自毛植毛術
  • 外科による治療.2:HARG療法

などが挙げられます。

AGAの早期発見ができれば投薬による治療で完治するかもしれません。

ですが薄毛治療薬の投与することによる副作用が気になる方もいます。

その場合は自毛植毛施術での治療を希望する方も多いようです。

それ以外にも治療費は高額になりますがメドジェットと言われるHARG治療もあります。

比較的安価で出来る投薬治療

AGAに対して現在、主に使われている代表的な治療薬は7種類あります。

  • プロペシア
  • プロペシアのジェネリック
  • ザガーロ
  • アボルブ
  • ミノタブ
  • ロゲイン
  • アロビックス

この7種類のAGA治療薬の中から2種類のタイプに別れます。

脱毛を防ぐタイプ

  • プロペシア
  • プロペシアのジェネリック
  • ザガーロ
  • アボルブ

発毛を促すタイプ

  • ミノタブ
  • ロゲイン
  • アロビックス

脱毛を防ぐタイプは基本的に飲み薬で抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑える効果があり、薄毛の進行を遅らせることができます。

発毛を促すタイプは毛根や細胞に栄養を送りやすくしたり、血行をよくする効果があって発毛する力を高めることがでるのです。

こちらの方は飲み薬と塗り薬があります。

副作用について気になる方もいると思いますが生死に関わる症状はこれといってないので安心してください。

おもな副作用は性欲減退や勃起不全、痒み・発疹、発熱・頭痛が副作用として症状が出る場合があります。

自毛植毛術は安全で半永久的に生える

自毛植毛術とは薄毛やハゲていない箇所から健康な毛根を採取して薄毛やハゲているところに植毛する外科手術です。

人工植毛だと拒絶反応を起こしたりしてしまいます。

ですが自毛植毛は自分の髪の毛を植え付けるので安全な植毛方法です。

金額については後でご説明しますが、保険適用外の外来手術になるので高額な費用になってしまいます。

植毛した髪の毛は半永久的に生えるというのが自毛植毛術の特徴です。

そして施術してからの回復日数も早いため、2~3日もすれば通常の生活に戻れます。

薬で治療をする際の副作用が気になる方も多いでしょう。

以外にも、治療薬で薄毛に対して効果がなかった方などから自毛植毛術を薄毛治療として選ぶ人が多いようです。

HARG療法で毛根を刺激して活性化

HARG療法とは頭皮に薬を注入して、発毛・発育を促す再生治療になります。

毛根や髪の毛の成長に必要な栄養素がギュッと詰まったハーグカクテルと呼ばれる液体を直接頭皮に注入する施術です。

この施術をすることで抜け毛を最小限に抑えることができて、ヘアサイクルを正常に戻す効果があります。

ハーグカクテルによって最大限の育毛効果を得ることができるんです。

根本的に薄毛を治すことができる反面、ハーグカクテルを注入する際に痛みが伴います。

施術期間は約1ヶ月に1回を1セットとし、6~12セット行うので、痛みが伴う辛い治療法です。

約半年間がHARG治療の目安になっています。

痛みは個人差もありますし、痛みというデメリットを無くすことが可能になったメドジェットで快適にHARG療法をできるようになっているものもあるようです。

しかも治療薬のように副作用の心配もなくて、自毛植毛より施術が早く、日帰りで施術を受けれます。

気になるAGA治療の期間や費用について

実際に薄毛やハゲに悩んでいて治療したいと考えている方も多いと思います。

実はAGA治療は健康保険が適応されていません。

え、保険が適用されないの?と思うかもしれませんが、AGA治療は美容整形と同じ分類に分けられているので健康保険の適用外となっています。

では安く治療できるものから紹介します。

一般的に飲み薬でのAGA治療に使われているのがプロペシアとミノタブという治療薬です。

プロペシアは1ヶ月分で28錠入っていて、約7000~10000円くらいになります。

脱毛に対してのAGA治療を行う場合、処方される薬はプロペシアが一般的です。

その他にもミノタブことミノキシジルタブレットという飲み薬は発毛を促すタイプの中で一番効果があります。

ミノキシジルタブレットはAGA治療において、プロペシアと同じくごく一般的な治療薬で医療機関でも使われているんです。

価格はミノキシジルタブレットの濃度によって変わりますが、1ヶ月分で8000~10000円になります。

ミノキシジルは毛髪や皮膚に関する学会で発表されたガイドラインでAGA治療に使うように強く推奨されている成分です。

ジェネリック医薬品で治療を行う場合はプロペシアよりも安く薬を購入することができます。

投薬による治療であれば比較的安くAGA治療できるんです。

自毛植毛の場合は薄毛やハゲの状態にもよりますが、約30万から100万円が目安になります。

健全な毛根から抜いた髪の毛をグラフトと言い、グラフトの数によって費用が変わってくる感じです。

保険適用外のため、高いと思いますが自毛植毛だと半永久的に生やすことできるメリットがあります。

HARG療法は長期的な治療が必要です。

6回を1クールとして行われる場合が多くなります。

費用については平均すると1回の施術で約10万円かかりますが、1クールではトータルすると約50万から80万円です。

トライアルでの施術であれば約7万円ほどから出来るので、気になる方は試してみるのも良いと思います。

もう一度言いますが健康保険は適用外です。

なのでAGA治療法は高額になってしまいます。

少しでもAGAかも?と思っているのであればAGAクリニックなどで診察を受けてみてはいかがでしょうか。

早くAGAであることがわかれば、AGA治療薬で比較的安く対処することも可能になります。

新着コンテンツ
プロフィール
人物写真

私が興味ある商品を詳細に紹介。あなたのお役に立つ情報を発信できたらなと思っています。

top