Emontageヘッダー画像

育毛剤にある医薬品と医薬部外品は何が違うの?わかりやすく解説

医薬品の育毛剤

医薬品と医薬部外品の2種類ある育毛剤。

この2つの意味を理解して使っていますか。

医薬品と医薬部外品の育毛剤は同じよう見えます。

ですが実は2つには大きな違いがあるんです。

せっかく薄毛で悩んでいるのに適切な育毛剤を使わないと思うような効果が出ません。

しまいには副作用が出てしまうものもあります。

医薬品と医薬部外品の違いについて詳しくご紹介します。

また、副作用についてもしっかりご説明しますのでご参考にしてください。

育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは

医薬品は簡単に言いますと厚生労働省がしっかり効果を認めているものになります。 なので薬として認められているのです。

薄毛に対して即効性がありますが、薬なので副作用が起こってしまう可能性があります。

逆に医薬部外品の育毛剤になると医薬品ほどの即効性がある効果は期待することができません。

ですが時間はかかるものの、副作用もなく着実に育毛の効果を発揮することができるのです。

ではもう少し育毛剤の医薬品と医薬部外品について詳しく見ていきましょう。

医薬品の育毛剤とは

まず医療品は薄毛が病気と診断された際に病院などで処方されます。

主に薄毛や様々な病気を「治療」をするための薬です。

医薬品は様々な臨床実験が行われて、安全性や品質、薄毛に対する有効性が証明されています。

医薬品である育毛剤の特徴は薄毛に対して即効性の効果があるということです。

その反面、効果の高い成分が配合されているので副作用があります。

単に医薬品と言っても大きく分けて3種類の医薬品に分かれるんです。

  • 医療用医薬品(処方薬)
  • 要指導医薬品
  • 一般用医薬品

に別れます。

医療用医薬品は医師によって患者の頭皮の状態や症状、体質を見極めて、それに合った薬を出してくれます。

ですが効き目が高いので、副作用も出る可能性が高くなるのです。

専門的な医師や薬剤師しか対応できません。

お次に要指導医薬品は医療用医薬品から一般用医薬品になった薬を言います。

副作用が出るリスクが不明なため薬剤師による専門的ところでしか買えないです。

解熱鎮痛薬などが要指導医薬品の分類に入ります。

一般用医薬品は

  • 第1類医薬品
  • 第2類医薬品
  • 第3類医薬品

の3種類に分類されます。

薬局などに売られている育毛剤のほとんどが一般用医薬品です。

副作用が強く出る順番として「第1類医薬品>第2類医薬品>第3類医薬品」のようになります。

第1類類医薬品が一般医薬品の中で強く、第3類医薬品が弱いです。

全く副作用が出ないわけではないのでご注意ください。

一般用医薬品であれば薬局やドラッグストアで購入ができます。

医薬部外品の育毛剤とは

医薬部外品の育毛剤は医薬品ほどの効果はなく、治療というより「予防や改善」を目的としています。

医薬品同様に厚生労働省が認めた成分を配合されているんです。

厚生労働省が育毛に関する効果を認めているわけではないので注意してください。

薄毛に対して有効的な成分は入っていますが医薬品ほどの効果はありません。

なので副作用はほとんどないでしょう。

つまり、医薬部外品の育毛剤は薄毛の予防や改善だけしか効果がないです。

薄毛に良い成分でも髪の毛が生えてくるわけではありません。

医薬品のように即効性はないですが、長期間使うことで頭皮や髪の毛を強くすることはできます。

副作用もあまりないため、安心して使えるのは医薬部外品の育毛剤ですね。

医薬品と医薬部外品の副作用について

薄毛治療はしたいけど、副作用が気になる方も多いと思います。

そこで医薬品と医薬部外品の副作用にはどのような症状がでるのか調べてみました。

また、どれくらいの割合で副作用が出るのかもご説明します。

医薬品の副作用の症状とは

医薬品の育毛剤についてお話したように効能の強い成分を配合しているので副作用は避けられません。

主な副作用は

  • 勃起不全
  • 性欲の低迷
  • 頭皮のかゆみや赤み
  • かぶれ
  • 頭痛
  • めまいや吐き気

などです。

ここに書かれていること以外にも副作用として出る可能性があります。

薄毛の治療薬には塗り薬と飲み薬の2つが主な治療方法です。

医薬品は副作用がまったくないという薬はありません。

だたし飲み薬よりも塗り薬のほうが副作用の症状が強く出ると言われています。

様々な要因で体質などで合わない薬もあるので、薄毛専門の医者にしっかり相談した上で服用するようにしましょう。

医薬部外品の副作用の症状とは

医薬部外品は病気を治すための薬ではないので、副作用は基本的ありません。

薄毛の根本的な原因を治すというより、薄毛改善としても目的のほうが大きいです。

使ってすぐに髪の毛がフサフサになることはまずないでしょう。

そのため、薄毛に対する作用も即効性もなく緩やかなので、医薬品の副作用のような症状を起きにくくなっています。

ですが、人によっては使用する育毛剤の成分が頭皮に合わないなどの可能性があるかもしれません。

このようなことから医薬部外品であってもリスクがないわけでもないです。

少しでも異常を感じるようなことがあれば育毛剤を使用するのをやめてください。

やめても治らない場合は医者に相談しましょう。

top