Emontageヘッダー画像

女性が薄毛になる主な原因とは?簡単に出来る予防や対策方法について解説

女性薄毛

薄毛の悩みは男性特有の悩みだと思われていましたが、年々女性の方でも薄毛で悩んでいる方が多くなっているようです。

女性に起こる薄毛の原因には男性の薄毛とは違った女性の特有の原因があります。

男性と女性ともに、薄毛になる場所や程度が違ってくるんです。

男性の場合は特定の場所からハゲていきますが、女性の場合は頭髪の全体が薄くなっていきボリュームが減る特徴があります。

女性でよく見られる薄毛にはストレスや栄養不足、ホルモンバランスの乱れ、加齢など様々な原因があるんです。

これらの原因から、最近髪の毛のボリュームが無くなってた、えっ私って薄毛かも?と心配になっている方も多いのでは?

そこで女性に起こる薄毛の原因や薄毛の予防や対策方法をご紹介します。

女性が薄毛になる主な原因①:びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は一般的に「女性の薄毛」として多い脱毛症の一つです。

頭部全体のボリュームが無くなって、全体的に髪の毛が薄くなっていきます。

びまん性脱毛症になるとどのような症状が出て、何が原因で起こるのか解説しています。

また、びまん性脱毛症の予防や改善方法についても解説していますのでご覧ください。

びまん性脱毛症の症状と原因

びまん性脱毛症は女性の薄毛原因の中で一般的にかかりやすい脱毛症です。

徐々に進行していく傾向があります。

びまん性脱毛症の初期症状は

  • 髪の毛のボリュームが減ってきた
  • 髪の毛にコシがない
  • 髪の毛の向ける量が多い
  • 頭皮が見える

このような症状が出てきます。

進行形の脱毛症なので自分でこれらの症状に気づかない場合も多くあるようです。

特に40代以降の女性に多い症状で様々な原因が考えられます。

おもな原因は

  • ストレス
  • 極度なダイエット
  • 間違ったヘアケア
  • 老化

となります。

40代以降に限らず、極度なダイエットやストレスが原因で20代の女性でも症状として現れる可能性があります。

びまん性脱毛症は気づかずに進行してしまった場合、治療にかかる期間も長くなってしまうんです。

少しでも気にかかるような事があれば、早く治療を行うことが重要です。

びまん性脱毛症の予防や対策方法

びまん性脱毛症の症状と原因について説明してきました。

次は、びまん性脱毛症を改善するにはどのような予防や対策をすればよいのでしょうか?

原因を見る限り、いずれも日常生活と密接な関係があり、知らない内にびまん性脱毛症にかかってしまう可能性があるのです。

そこで予防や対策方法を2つのポイントでご紹介します。

  • 悪い生活習慣を見直す
  • 頭皮環境の改善

では詳しく見ていきましょう。

生活習慣を正して髪の毛にストレスを与えない

びまん性脱毛症の予防や対策の1つ目として悪い生活習慣を見直してみましょう。

髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある要因は取り除く必要があります。

例えば女性にありがちなことと言えば、過度のダイエットです。

ダイエット中の偏った食事は髪の毛にとって大敵です。

かならず1日3食を守ることが大事なんです。

髪の毛は食事の栄養によって成長していきます。

1食でも抜いてしまうと必要な栄養が不足してしまい、髪の毛の成長を妨げてしまうんです。

これはびまん性脱毛症の原因になる可能性があります。

次に睡眠の改善です。

髪の毛を立派に成長させるには睡眠が大事。

夜の10時から深夜の2時の間は髪の毛に必要な成長ホルモンがたくさん分泌されます。

この時間に十分な睡眠を取りましょう。

毎日は無理かもしれませんが少しでも心がけることで髪の毛をたくましく成長させます。

髪の毛の健康のために無理なダイエットをやめたり、睡眠不足を解消するなど健康な生活を心がけてください。

頭皮環境を改善して頭皮を清潔に

頭皮環境の改善には常に頭皮を清潔に保つ必要があります。

ただ闇雲に頭を洗っただけでは頭皮は綺麗になったとは言えません。

正しく頭皮や髪の毛を洗うポイントは

  • 皮脂をしっかり落とす
  • 洗い過ぎに注意

皮脂やフケなどをしっかり洗えていないと毛穴の詰まりの原因になります。

これは頭皮環境の悪化に繋がるんです。

毛穴が詰まると髪の毛の成長を妨げて抜け毛の原因になります。

なのでしっかり洗う必要がありますがここで注意点が一つ。

それは洗いすぎないことです。

洗いすぎてしまうと頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性があります。

例えば1日に2回入浴する方や必要以上にゴシゴシと頭皮を洗う方は注意したほうがよいかもしれません。

頭皮と髪の毛の汚れを丁寧に洗い流して髪の状態を整えましょう。 プラスαで頭皮マッサージをして頭皮の血行を良くすることで頭皮の環境をさらに整えてくれます。

関連記事
頭皮マッサージ

薄毛の方必見!育毛に良い頭皮マッサージをイラスト付きで紹介してます。効果的なマッサージから逆効果なマッサージまで紹介していますので自己流でされている方は一度ご確認下さい。

女性が薄毛になる主な原因②:分娩後脱毛症

びまん性脱毛症の次に多い脱毛症が分娩後脱毛症です。

おもな原因は女性ホルモンが関係しています。

分娩後脱毛症は女性特有の脱毛症と言えますね。

原因と症状について詳しくご説明します。

また分娩後脱毛症に対する予防や対策についてもご紹介していますので参考にしてみてください。

分娩後脱毛症の症状と原因

分娩後脱毛症は「産後脱毛」などと呼ばれていて、出産の後にみられる脱毛症です。 この脱毛症は出産してから2~3ヶ月ほどしてから現れます。

分娩後脱毛症の症状は

  • 抜け毛が多くなる
  • 髪の毛がパサつく
  • 髪の毛が細くなる

などに見舞われます。

分娩後脱毛症の特徴は他の脱毛症と違って、薄毛は治らないことが多いですが時間が経つにつれて完全に治癒するものです。

大体出産してから1年ほどで治ると言われています。

出産が原因で抜け毛に悩む女性が約7割もいるそうです。

そのおもな原因はホルモンバランスの乱れ

によって起こります。

妊娠中は女性ホルモンの働きが活発化するんです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あります。

産後はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが急増してヘアサイクルが乱れてしまうんです。

本来なら髪の毛には成長期があり後退期、休止期と正常なサイクルをしますがエストロゲンによって、一気に休止期に入ってしまいます。

休止期とは毛根が縮小して、髪の毛が抜けるのを待つ期間です。

なので出産後は抜け毛が多くなります。

分娩後脱毛症の予防と改善方法

基本的に分娩後脱毛症はほおっておけば抜け毛は治りますが、早期対策することがもっとも効果的な予防や対策方法になります。

出産後は赤ちゃんが中心の生活になってしまいがちです。

ママは自分の食事がおろそかになっていませんか?

抜け毛が増え続ける前に頭皮の状態を整えて、育毛・発毛を促すには食事が大切なんです。

抜け毛の改善には髪の毛の材料であるタンパク質が必要不可欠になります。

なのでタンパク質が豊富な魚や肉、大豆などを積極的に食べましょう。

大豆に含まれれるイソフラボンには女性ホルモンに似た髪の毛の成長を促す作用があります。

朝食に納豆や豆腐などを食べて、イソフラボンを摂取することも有効的です。

食事だけでは栄養が十分摂れない場合はサプリメントなどを活用しても良いと思います。

女性が薄毛になる主な原因③:ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症はフケやかゆみによるフケ症と脱毛が合わさった症状です。

頭皮環境が悪くなり、頭にフケが多く、かゆみがあると毛根が緩んでしまって髪の毛が抜けていきます。

ひこう性脱毛症は思春期以降の男性によく見られるのですが女性では10代から20代が多いようです。

どのような症状があり、何が原因で起こるのか、そして予防や対策方法があるのかなどをご紹介します。

ひこう性脱毛症の症状と原因

ひこう性脱毛症は大量にフケが発生したことが原因で起こる脱毛症です。

ひこう性脱毛症の症状は

  • フケ
  • かゆみ
  • 頭皮の赤み

がでてきます。

大量に発生したフケが原因で、毛穴を塞いでしまい、髪の毛の成長を妨げてしまうのです。

結果的に抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。

ほかにも髪の毛が細くなり、ツヤがない状態になってしまうようです。

育毛剤を使っても毛穴にフケが詰まっている状態なので、育毛剤も浸透しにくい状況になります。

なので育毛剤の効果はほとんど効かないそうです。

ひこう性脱毛症の原因は

  • ホルモンバランスの乱れ
  • シャンプーの使い方
  • アレルギー体質の方

によって起こります。

ホルモンバランスが崩れて、常在菌が繁殖してフケが大量に発生することで脱毛に繋がったり、シャンプーの使い方や洗浄力の強いシャンプーのせいで抜け毛に影響を及ぼすのです。

ひこう性脱毛症の予防と改善方法

フケが多く、ひこう性脱毛症と疑わしき方はシャンプーを変えてみてはいかがでしょうか。

シャンプーの使い方以外にもシャンプーが頭皮に合わないことでフケが出る場合もあるようです。

汚れはしっかり落ちるかもしれませんが必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

その結果頭皮が乾燥してしまいフケが発生するのです。

まずは自分が使っているシャンプーが何タイプのシャンプーなのか確認しましょう。

アルコール系シャンプーは洗浄力が高いものが多いです。

対してアミノ酸系やベタイン系、酸性石鹸系などはアルコール系に比べて低く低刺激なシャンプーと言われています。

頭皮や髪の毛のためにもシャンプーの成分に注目してみてはいかがでしょうか。

関連記事
おすすめの育毛剤

最新のおすすめ育毛剤を男性用、女性用、医薬品、医薬部外品に分けて紹介しています。30種類を超える様々な育毛剤を徹底的に調査していますのでご覧ください。

新着コンテンツ
プロフィール
人物写真

私が興味ある商品を詳細に紹介。あなたのお役に立つ情報を発信できたらなと思っています。

top