Emontageヘッダー画像

睡眠不足はハゲを助長する?睡眠を改善して薄毛を克服する

睡眠不測

なぜ睡眠不足はハゲると噂されるのか?

実は薄毛やハゲにとって睡眠はとても大事なんです。

睡眠不足が引き起こす問題は頭皮や髪の毛にとって、とても悪影響と言えるでしょう。

自律神経からくるストレスやホルモンバランスの乱れ、血行不良などハゲる要素が揃っているんです。

ここでは睡眠不足でハゲる理由とハゲ対策や睡眠の質を改善する方法をご紹介します。

睡眠不足でハゲる原因は自律神経の乱れ?

睡眠不足だけが原因でハゲることはないかもしれませんが、睡眠不足が起こす他の原因でハゲる可能性は大いにあります。

まず睡眠不足になる原因の一つとして自律神経の乱れがあります。

自律神経の乱れとは交感神経と副交感神経のバランスが崩れている状態です。

正常の場合、昼間は交感神経が働いて、睡眠中は副交感神経が優先して働くようになっています。

ですが、バランスが崩れてしまうと、心と身体のバランスが崩れて睡眠の質を下げてしまうんです。

これらは夜なかなか寝付けないことや朝起きるのが辛いといった症状として現れます。

質の良い睡眠が足りないとストレスが増えていく原因です。

ストレスを解消するには睡眠の質を向上させる必要があります。

関連記事
ストレス

ストレスと薄毛は密接に関係しておりストレスが溜まれば髪の毛は抜けやすくなります。主に自律神経が関わってくるのですが、その要因と対策について詳しくまとめています。

睡眠不足でハゲる原因はこれだ!

ストレスを感じていくと交感神経が強く働いて夜寝付けないなどに繋がり結果的に睡眠不足になります。

そうなれば疲労回復や栄養の吸収を妨げて、血管が収縮して頭皮の血行が悪くなるのです。

頭皮の血行が悪くなると、毛根に栄養が行き届かなくなります。

栄養が届かなくなると毛根は栄養不足に陥り、薄毛やハゲに繋がるんです。

さらに新陳代謝も悪化していき、髪の毛を作る細胞を増やすことができなくなります。

髪の毛は毛根の細胞が増えることで成長していくのです。

しかし自律神経の乱れが原因で細胞が増えなくなってしまいます。

このように、睡眠不足は自律神経の乱れに繋がり、頭皮や毛根、抜け毛、育毛・発毛などに様々な問題を引き起こすのです。

睡眠の質を向上させるとなぜハゲに良いのか?

睡眠の習慣をつけることはとっても大事なんです。

睡眠時間が毎日バラバラになるとよくありません。

身体は睡眠のサイクルを無意識的に記憶します。

副交感神経も徐々に習慣を記憶するので、質の高い睡眠をとることができるんです。

そして睡眠中に副交感神経が優先され、細い血管でも十分な栄養を毛根に送り届けることができます。

毛根に栄養が行き届けば、力強く毛根が育つのです。

結果的にハゲを食い止めることができるんです。

睡眠を改善する方法とは?

薄毛やハゲに影響を及ぼす睡眠不足。

仕事や家事などでなかなか寝ることができないなど悩みがあると思います。

しっかり睡眠の時間を取ることは難しいかもしれませんが睡眠の質は向上させる方法があるんです。

快適な睡眠をとり方や睡眠の質を向上させる方法などをご紹介します。

寝る前にPCスマホやテレビを見ない!

パソコンやスマホ、テレビはブルーライトが交感神経を高めて興奮状態になります。 良質な睡眠を妨げる可能性があるんです。

特にスマホでSNSなどを見ると様々な情報があるため、心の安定を乱してしまいます。

寝る前30分から1時間はなるべく見ないようにしておくと睡眠の質を向上させることができるんです。

寝る前に見るのは良くないとわかっていてもついつい見てしまうことがあると思います。

そのようなときは見る時間をきっちり決めておくと良いです。

特にスマホはズルズルと見てしまいますよね。

そういうときは自動で電源が切れるようにタイマーをセットするなど対処することをおすすめします。

成長ホルモンが分泌して髪の毛が成長しやすくなる

髪の毛の成長を促すには成長ホルモンの働きが重要です。

髪の毛のおよそ90%がタンパク質でできてきます。

このタンパク質の合成を促して、髪の毛を成長させるには成長ホルモンが必要不可欠なんです。

では成長ホルモンを多く分泌させる必要がありますよね。

そこで重要になってくるのが副交感神経です。

副交感神経は夜10時から夜中2時の時間帯でもっとも活発化します。

つまり、夜10時から夜中2時の4時間は一番髪の毛が成長しやすい時間なんです。

夜10時から夜中2時に寝るなんてそんなの無理!っていう人もいると思います。

ですが少しでもいいので成長しやすい時間帯に睡眠をする習慣を付けておくとハゲが治るかもしれません。

寝る前にお酒を飲むことをやめる

寝酒は睡眠の質を激減に下げる原因になります。

アルコールは体内に摂取すると体はアルコールを分解しようと活動状態になって深い睡眠につけません。

浅い睡眠が続いてしまうと体が休息できない状態が続いて、朝起きてもなんだかダルいという疲れが残ります。

ダルいまま仕事をして、また疲れてお酒を飲むと悪循環になるんです。

また、アルコールを飲むと睡眠中に尿意によって目が覚めることもあります。

これもまた睡眠不足の原因の1つです。

睡眠しやすいようにリラックスする環境を作る

何もしていないのになかなか寝付けないという方もいると思います。

寝付けない方におすすめなのはアロマなど入眠しやすい環境を作ることです。

例えばヒノキの香りは副交感神経を活発化させます。

ローズの香りは女性をリラックスさせる作用があるようです。

このように香りでリラックスできる環境を作ることで自律神経が瞬時に整い、寝る時間を短くすることができます。

寝る前に湯船に浸かって睡眠スイッチ・オン

睡眠の質を向上させるにはお風呂に浸かるだけも効果があるんです。

寝る時間がバラバラで寝付けない方は寝る前に湯船に浸かってみてはどうですか?

39~40度のお湯を貯めて湯船に15分浸かるだけで副交感神経が急激に上昇します。

また体温が温まることで血管が膨張して体が芯から温まるんです。

新陳代謝も促されて、薄毛予防にも繋がります。

まとめ

これまで睡眠不足でハゲる原因を説明してきましたが睡眠不足は薄毛やハゲに対して悪い影響を与えると考えていいでしょう。

頭皮や髪の毛で悩んでいる人はまずは睡眠の改善から見直してみると良いかも知れません。

なかなか睡眠の改善が難しいこともあるかもしれませんが簡単にできる方法もあるので一度試してみることをおすすめします。

関連記事
おすすめの育毛剤

最新のおすすめ育毛剤を男性用、女性用、医薬品、医薬部外品に分けて紹介しています。30種類を超える様々な育毛剤を徹底的に調査していますのでご覧ください。

新着コンテンツ
プロフィール
人物写真

私が興味ある商品を詳細に紹介。あなたのお役に立つ情報を発信できたらなと思っています。

top